ボトックス副作用をチェック【程度情報を集めることで絞り込む】

  1. ホーム
  2. 安全性で選ぶプチ整形

安全性で選ぶプチ整形

注射

費用対効果も考えて

シワ取りや小顔矯正で使用されるボトックス注射は、ボツリヌス菌が生成するタンパク質を主成分としています。細菌そのものを注射するわけではないので、病気になってしまう恐れはありません。しかし大量に注射すれば毒になるため、ボトックス副作用を気にして施術をためらっている方もいるでしょう。どんな薬でも過剰に摂取すれば毒になりますが、美容整形外科で注射する量はほんのわずかで、全身にはほとんど影響を及ぼしません。ボトックス副作用として知られている症状のひとつに、筋肉の脱力感があります。ボトックスは筋肉の収縮を妨げる働きがあるので、ある意味では当然の反応と言えます。もし脱力感が大きく表情を作りにくくなったとしたら、注入した量が多すぎることが理由と考えられます。ボトックスの適量には個人差がありますが、熟練した医師なら使用量を間違えることはありません。美容整形外科を選ぶときは、ボトックス施術の実績が豊富かどうかを確かめましょう。医師がボトックス施術を行うには、正規の講習を受けて修了することが必要とされています。手軽で効果的な施術ですが、万が一の副作用を避けるためにも、正式なトレーニングを受けている医師に依頼することが大切です。医師の腕ももちろん重要ですが、美容整形外科ではいろいろな種類の薬剤を取り扱っています。種類によってはボトックス副作用が現れやすいと言われているものもあるので、どんな薬剤を使っているのかクリニックに問い合わせてみるのも良いでしょう。本家アメリカ製のボトックスは、ほとんどの美容整形外科で人気ナンバー1になっており、安心感がある反面、値段は安くはありません。注射した場所に集中して効果を発揮するので、部分的なシワ取りなどには特に向いています。そのほかの薬剤は日本では承認されていませんが、諸外国では承認されているので、安全性に問題はないでしょう。ボトックスは繰り返し使うと抗体ができて効果が弱くなる場合がありますが、ドイツ製の薬剤は抗体ができにくいという特徴があります。韓国製の薬剤は値段が安くて利用しやすいのがメリットです。中国製の薬剤はボトックス副作用が起きやすいとされており、ほとんど使用されていません。クリニックによっては複数の製剤を取り扱っていて、ニーズに応じて使い分けることも可能です。無論ボトックス以外にもシワを取る方法はいろいろあります。どんな施術を希望するかを明確にして、医師と十分に話し合った上で治療方針を決めてください。