ボトックス副作用をチェック【程度情報を集めることで絞り込む】

  1. ホーム
  2. ボトックスは怖くない

ボトックスは怖くない

カウンセリング

さらに安全を重視するには

美容整形に対して、痛みや傷跡が残るといった先入観があったり恐怖心を持っていたりする方も少なくないはずです。ただ最近の整形はプチ整形で施術がすんでしまうものが多く、それなら大きな傷跡が残ったり後遺症が残ったりするほどの副作用が出る心配もありません。イメージ先行で美容整形を避けている方は、そちらを一度試してみれば評価が大きく変わる可能性もあります。その際特におすすめなのが、ボトックスによるプチ整形です。なぜこれを一押しするかというと、ボトックスなら施術が簡単なうえダウンタイムや後遺症が少ないからです。さらに施術してから4カ月から6カ月程度で効果が切れるので、いざ施術してみて結果が気に入らない場合も簡単にリセットできるメリットもあります。こんな条件がそろっていれば、美容整形に先入観があり施術するのにちょっと不安を感じる方でも気軽におためしができるのではないでしょうか。またボトックス副作用が出たとしても、後からすぐに薬剤を投与してリセットすることができます。そんなボトックス副作用が出た時の修正のしやすさも、ボトックスをおすすめするポイントです。美容整形というと施術後に後戻りができないようなイメージがありますが、これなら問題なく利用することができます。ボトックスは美容外科で使われるイメージが強いため、美容専門の治療と考えられがちですがそれは大きな間違いです。ボトックスは本来眼科や脳神経内科で眼瞼痙攣や上肢や下肢の痙縮などの病気の治療に用いられる物で、今現在も重篤な症状の改善のために使われています。それゆえ正規品を利用してさえいれば、ボトックス副作用の心配をせずに安全に整形ができるといえましょう。しかしそれは厚生労働省から認可を受けたアラガン社の正規品のみに当てはまる安全性です。一部の美容外科では、安価で手に入る国内無認可の中国産や韓国産のボトックスを利用しています。国内で認可を受けていないということは、やはり生産過程や成分的な部分に疑問が残るといわざるをえません。より安全性を重視して施術を受けるつもりなら、美容整形外科にその点も確認しておくべきです。些細なことですが、ボトックス副作用を回避するためには念には念を入れて臨みましょう。どうしてもボトックス副作用が気になる方は、VST認定医のいる美容外科で施術を受けるようにするべきです。これはアラガン社が独自に設定している認定制度で、一定の条件をクリアしていないと認定医と認められません。しかもアラガン社の正規品を使用している証明にもなるので、心配な方はここも選ぶポイントにしましょう。